【死役所】シ村 過去のネタバレまとめ!最新刊まで読んだ感想!

死役所,ネタバレ,無料,試し読み

毎月21日発売の月刊コミック@バンチにて連載中の漫画「死役所」

死後に成仏するか冥土の道へ進むかを死因ごとに振り分ける為の手続きをする場所ですね。

シ村はそこで総合受付の担当を務めています。

 

何かと謎の多いシ村ですが今回は

 

「最新刊まで読んだシ村の過去に関するネタバレ」

 

という内容でお送りいたします。

 

死役所を読む【無料試し読み可能】

(検索窓で「死役所」と入力。)

 

シ村とはどんな人物か!

 

「お客様は仏様です」というセリフがキャッチフレーズです。

シ村はまさに死役所職員の鏡の様な存在です。

死役所の職員は、生前「死刑執行」されて死刑になった囚人である事が条件です。

ですのでシ村も元死刑囚で、処刑されています。

そんなシ村は死役所ではこんな特徴があります。

 

・常に沈着冷静で笑顔を絶やさない

・お客様には常に同調し、共感する姿勢を保っている

・聞かれない事は自らは言わない

・常にお客様に失礼の無いように接している

・でも、結構ヒドい事もさらっと言う(笑)

・接客態度の良くない部下をちゃんと指導している

 

常に冷静で的確な判断を下し、紳士的な対応をするシ村。

はっきり言ってこんな人が職場にいたらマジで心強い(笑)

シ村は一見凄く物腰柔らかで紳士的に思えますが、非常に現実的に物事を考える性格で、それを包み隠さずお客様にも伝える事があるため、時折お客様から激昂されてしまう事もある。

 

しかし、シ村自身もまた生前は大きく深い闇をおっています。

 

最新刊まで読んで分かったシ村の過去のネタバレまとめ

シ村は常に笑顔をその顔にたたえています。

死役所,シ村,過去,ネタバレ,まとめ,最新刊,感想

 

笑っているというかニヤついているというか。

もしも実写版やるとしたら堺雅人さんが適役だと思うんですがどうでしょうか?(笑)

しかしそんなスマイリーなシ村さんですが、時折血の通ってい無さそうな冷たい怖い表情になります。

死役所,シ村,過去,ネタバレ,まとめ,最新刊,感想

 

いや、実際めっちゃ怖いんだが(汗)

今現在シ村の過去について分かっている事は以下になります。

 

・本名は「市村正道(しむら まさみち)」

・九州出身で、小さい頃から近眼。

・市村幸子という妻がいた。今も生きている

・市村美幸という娘がいる(生存は未確認)

・妻である市村美幸は、「加護の会」という宗教団体に入っている。

・1巻の第4条でイシ間さんが「自分を殺した母親を最後まで庇うなんて。それが愛ってもんかね」というセリフに対して、「いや、ただの洗脳でしょう」と一蹴

・入信理由は「美幸」が少しでも良くなってくれるため

・しかし、その後経緯は分からないがシ村は「凶悪犯罪者」のレッテルを貼られ死刑に

・しかし、単行本4巻掲載の「シ村さんの過去」で実は「冤罪」であった事が分かる

・冤罪だった場合、死刑囚でも普通に成仏する事も出来たが、あえてシ村は成仏をしない

・三樹にシ村はなぜ成仏しない?と尋ねられた時「真実を確かめ、妻を私の手で・・・」と意味深なセリフだけを吐く

・三樹に一度だけKissされる。その際「素」の表情になる

・1巻の5条で死刑囚の江越が生前の悪行を告白した際に、「屑が。永久に彷徨ってろ」と一言

・生前も役所づとめ」

 

びっくりですね。

女房と子供がいたなんて!

シ村については

「加護の会」

との関係が深いですね。

 

死役所を読む【無料試し読み可能】

(検索窓で「死役所」と入力。)

 

シ村は「加護の会」の宗教絡みの事件に巻き込まれた?

現在の最新刊は7巻です。第8巻は恐らくですが2017年の5月9日頃になるかと思います。

連載誌である「月刊コミック@バンチ」は毎月21日の発売です。

今の所「死役所」の職員は「ニシ村」「ハヤシ」「イシ間」の3人の過去のストーリーが紹介されております。

シ村の過去も小出しではありますが出始めています。

コミックスではシ村の奥さんである幸子が

市村幸子「美幸が少しでも良くなるかもしれないの!だから正道さん(シ村)も入って!」

と言い、宗教団体の「加護の会」への入会を勧めます。

その後、どういった事になるのかはまだ描かれていません。

ただ、コミックス7巻で死役所に「加護の会」の入信者である「寺井修斗」が来て、シ村が対応しました。

そこで普段は笑顔のシ村がシリアスな表情で

シ村「市村幸子という女性はいませんでしたか?」

と聞きますが、寺井はモタモタと関係のない回答をします。業を煮やしたシ村は

シ村「とっとと答えろ!」

と、お客様にあるまじき態度を取ります・・・・!

ビクッとする寺井。我に返り謝るシ村。

ここでハッキリと生前に宗教団体「加護の会」絡みで何かあった事が予想されます。

また、シ村の愛する妻は「加護の会」で特別扱いを受け、今でも生きています。

そこで気になるのがやはり、死役所に来た女子大生・三樹が

三樹「シ村さんはなんで成仏しないの?」

との質問に

シ村「真実を確かめ、妻を私の手で・・・」

と回答している部分です。

私の手で一体どうするんでしょうか?

また、シ村は作中で数回程キレていますが、キレた際のパターンとしては

 

  • しつこい人(三樹がしつこく死刑の理由を追求した)
  • グダグダ喋ってる人(寺井のもたついた回答や、江越の下らない武勇伝を聞かされた時)
  • 筋の通っていない人(刑務所収監時代、刑務官の杉が自身の仕事に対して「やりたくない」とゴネた時)

 

普段は大概の事は動じないシ村ですが、自分が心底不愉快に思った時は違った表情を見せていますね。

しかし、ハヤシの話を真っ直ぐに聞いてあげたり、イシ間さんを精神的にフォローしてあげたりと、一見機械的に仕事をしている様に見えますが、人の事をちゃんと思いやる事のできる人情味の厚い一面を持ちます。

というか、根は本当に優しい人なのだと思います。

女子大生の三樹はシ村の人生の歴史を見て、最後に涙を流していました。

恐らく壮絶で、深い悲しみに彩られた過去があるのですね。

恐らくシ村はいつかは「加護の会」に復讐を果たそうとしているのではないでしょうか?あるいは愛していた自分の妻に・・・・

今後の展開が中々予想がつかないですが、読めば読むほど「シ村」という人物が気になってきます。

 

死役所の掲載誌や最新刊の発売スケジュールは?

死役所は月刊コミック@バンチにて今現在連載中です。

なお、連載誌である「月刊コミック@バンチ」は毎月21日発売。

これまでのコミックスの発売の流れは以下の通り。

 

第一巻 2014/04/09
第二巻 2014/09/09
第三巻 2015/03/09
第四巻 2015/09/09
第五巻 2016/02/09
第六巻 2016/07/09
第七巻 2016/12/09

 

最新刊の発売はおよそ5、6ヶ月間隔である。

 

死役所は試し読みができる?

死役所は基本的に一話完結型で終わる場合が多いため、作品としての派手さにはやや欠けます。

しかし内容は本当にリアリティに溢れており、時には本当に現実世界にもこういう事があるんだろうな・・・

そんな風に思わせる残虐性もあるため、場合によってはショックを受けるかもしれません。

なので、まずは試し読みから入ってみたい!という方には朗報なサイトがあります。

イーブックジャパンという電子書籍専門のサイトにて、ネット上で「死役所」を立ち読みする事が出来ます。

サイトの検索窓で「死役所」と入力して頂くとすぐに見つかります。

そして「試し読み」という選択があるので、そちらから無料試し読みをして下さい。

 

死役所を読む【無料試し読み可能】

(検索窓で「死役所」と入力。)

 

気になる方はぜひ一度チェックしてみて下さいませ。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です