【ワンピース】ルフィの思わずグッときた名言ランキング15選!

ワンピース,ルフィ,名言

今回は、ワンピース・麦わらの一味の船長 「モンキー・D・ルフィ」の名言をご紹介します!!このサイト以外にも結構紹介しているサイトもあり、かぶるところも勿論ありますが、今回は僕の感想も兼ねてご紹介していきます!^ ^

Sponsored Link
[ad#kou]

 

海賊王に!!俺はなる!!!

  • コミック:1巻
  • シーン:ルフィの船出の際の一言

ま〜まずは王道ですね!!全てはこのセリフから始まりました。ルフィの凄い所は「なる!」と決めたらそれに向けてしっかり行動する行動力ですね。

支配なんかしねぇよ この海で一番自由なヤツが海賊王だ!!(52巻 第507話)

  • コミック:52巻
  • シーン:シャボンティ諸島でのレイリーとの会話

レイリーに「キミにこの強固な海を支配できるか!?」と言われた際の一言。ロジャーも「俺は支配に興味がねぇ。やりてぇようにやらねぇと海賊やってる意味がねぇ!」というセリフに共通しますね!

つまらねぇ冒険なら、おれはしねぇ!!

  • コミック:52巻
  • シーン:シャボンティ諸島でのレイリーとの会話の最中にウソップに言ったセリフ

ロジャー海賊団の副船長。伝説の男レイリーとの会話の中で、レイリーはワンピースについて知っているという。ウソップは早速「ワンピースとはなんなのか」答えを求めるが、ルフィがその瞬間「何がどこにあるかなんて聞きたくねぇ!!何もわかんねぇけどそうやって命がけで海に出てんだよ!!ここでおっさんに何か教えて貰うならおれは海賊やめる!!つまらねぇ冒険ならおれはしねぇ!!」その瞬間からウソップは「ワンピースについて聞きたくない病」という奇病にかかります(笑)

 

Sponsored Link
[ad#kou]

 

お前がいねぇと・・俺は海賊王になれねぇ!!!(84巻 844話)

  • コミック:84巻
  • シーン:サンジがルフィを追い払う時

ルフィと決別するために、ルフィをボコボコにするサンジ。しかしそれでもルフィは「こんなもんでおれを追い払えると思ってんのか!!?ふざけんな!!俺の事蹴るだけ蹴っても!!痛ぇのはお前だろ!!!」と言い放つ。そして最後に「腹が減っても!槍が降っても!ここを動かずお前を待ってる!必ず戻ってこい!!サンジ・・お前がいねぇと・・!!俺は海賊王になれねぇ!!」サンジの顔を手で覆って泣いている絵と併せてみると本当に泣けますね(泣)

おれたちの命くらい一緒に賭けてみろ!!仲間だろうが!!!

  • コミック:18巻
  • シーン:ビビとの会話の際

アラバスタで、何の犠牲もなくクロコダイルから国を守ろうと考えるビビに対してルフィは「お前はこの戦いで誰も死ななきゃ良いと思ってるんだ!!国のやつらも。おれ達もみんな!!」と言い、「じゃあ一体何を賭けたら良いのよ!!」と反論するビビに対し言い放った一言。仲間のためならいつでも命を張る覚悟のある男らしいセリフでしたね!

Sponsored Link
[ad#kou]

死なせたくねェから”仲間”だろうが!!

  • コミック:23巻
  • シーン:クロコダイルとの会話

友達のビビの国を荒らすクロコダイルを止めるルフィ。ビビは自分の命なんて顧みずにみんなを助けようとしている。そんなビビをほっといたらお前ら(クロコダイル達)に◯されてしまうというルフィ。しかしクロコダイルは”そんな厄介者は見捨ててしまえばいい”と言い放ちます。それに対してルフィは「死なせたくねぇから”仲間”だろうが!!!」と一喝。全く相容れない考えを持つ両者。まさに勝った方が正義という局面ですね!

でも、ウイスキーピークでルフィは勘違いをして、ゾロに対して「あぁ、死ね!」と言っています(笑)

俺の仲間は死んでもやらん!!!

  • コミック:33巻
  • シーン:フォクシー戦にて

フォクシーとのデービーバックファイトの最中のセリフ。アフロモードのルフィは思いの外フォクシーに苦戦し、フォクシーに追い詰められます。ノロノロの実に翻弄され、ボッコボコにやられるルフィですが、何度も何度も立ち上がり「俺の仲間は・・・誰一人・・・!!死んでもやらん!!!」と言い放ち、フォクシーのノロノロビームを鏡を使って跳ね返し、逆にフォクシーをボッコボコに反撃します!!

おれは助けてもらわねぇと、生きていけねぇ自信がある!!!

  • コミック:9巻
  • シーン:アーロン戦にて

アーロンに対して剣を持って戦うも、剣が上手く使えずにすぐにへし折られる。その際にルフィは「おれは剣術を使えねぇんだコノヤロー!航海術も持ってねぇし!料理も作れねぇしウソもつけねぇ!!おれは助けてもらわねぇと生きていけねぇ自身がある!!」と言い放ちます。最後のセリフに対してウソップは「オイ」と突っ込んでましたがw

お前に何が出来るとルフィに問うアーロンに対して「お前に勝てる」と一言!アレはカッコよかったですね^ ^

おれはお前から目を離さねぇ!!!

  • コミック:44巻
  • シーン:ルッチ戦にて

麦わらの一味を皆殺しにしようと企むルッチを止めるルフィ。仲間を守るためにルッチの行く手を阻むルフィがルッチに向けてはなった一言です。ルフィ、エース、サボ、それぞれ同じようなセリフを使っていますね!エースは対ブルージャム戦で。サボはバージェス戦に。それにしてもルッチ戦は結構アツかったですね!

「生きたい」と言えぇ!!!

  • コミック:41巻
  • シーン:ルフィ達のために死にたいというロビンに対して

自分と関わり続けていたらいつかルフィ達も危険な目に会い、そしていつかは自分の事をイヤになるはずだというロビン。本当にルフィ達が好きだからこそ、自分は死んでこれ以上危険な目には併せたくないというロビンに対して言った一言。これに対してのロビンの「生ぎたい!!!私を海に連れてって!!」というセリフは超名場面ですね!

Sponsored Link
[ad#kou]

わりい おれ死んだ

  • コミック:11巻
  • シーン:ローグタウンでバギーに首を切られそうになった時

ローグタウンでロジャーの死刑台で調子に乗ってたらあっさりとバギーにつかまってしまったルフィ。過去の因縁を晴らすべくバギーはルフィを死刑台にセッティングし、ルフィの首に剣を振り下ろす。その瞬間ルフィは全てを悟り、仲間たちに向けて満面の笑みで「わりぃ、おれ死んだ」と言い放ちます。その瞬間、雷が死刑台に落ちて助かるわけですが。スモーカーもそれを見て、まだヒヨッコのルフィを特別視しはじめます。

俺は弱い!!

  • コミック:60巻
  • シーン:頂上戦争が終わり、エースの死を思い出した時

エースを目の前で失い、気を失っていたルフィ。意識を取り戻し、あの瞬間を思い出す度に大暴れするルフィ。ジンベエに止められるが、その際に言い放った一言。シャボンティ諸島でも黄猿に◯されそうになるゾロを助ける事も出来ず、目の前で次々と仲間を消され、挙句の果てにはエースを自分の目の前で、しかもルフィを守るために赤犬に◯されるという、本当に自分の弱さをまざまざと見せつけられたルフィ。しかし、これが後に大きな成長のきっかけとなりましたね!

重い・・・!!!

  • コミック:35巻
  • シーン:ウソップとの戦いの後

何気、ルフィの口から出なそうなセリフだっただけにグッときました。海賊王を目指すルフィは一味のリーダーです。基本的に脳天気なルフィですが、締める所はキチっと締めないといけないですし、時には辛い決断もしなければいけない立場です。しかし、ウソップとの決別というこれまでにない程重い決断を迫られたルフィが言い放った一言。個人的にその後のゾロが言った「迷うな」というセリフも好きです。まさに副船長の役割ですね!

いいや・・・全部守る!!!その為の”2年”だったんだ!!!

  • コミック:65巻
  • シーン:ホーディ戦

魚人島を滅ぼそうと目論むホーディ。ルフィに対し「お前ごときにゃ何も守れねぇんだよ!」と言われたのに対し言ったセリフ。これまでのエースの事やシャボンティ諸島での全滅の事を思うとかなり重みのあるセリフですよね。そして、レイリーの修行で”覇気”をバッチリ習得したルフィはホーディをしっかりボコります!!(笑)

ごめんっつーなら俺達の方だぞメリー!!!

  • コミック:44巻
  • シーン:メリーとのお別れの時

僕個人的に最も泣けるシーンです。最初は穏やかな顔でメリーを見送っていたルフィだった。しかし、まさかのメリーがルフィ達に語りかける。ごめんね・・・もっとみんなを遠くまで運んであげたかったと。僕的にはメリーが語りかけた時点でかなり涙腺を刺激されました(汗)そして、それを聞いたルフィはたまらず「ごめんっつーなら俺達の方だぞメリー!!!」と叫びます。ルフィは舵が下手だからしょっちゅう色んなところにぶつけるとこ、その度にウソップが直すけど修理が下手なとこ。ゾロもサンジもアホだから色んな所を壊してしまったとこ。しかし、それでもメリーは言う。「幸せだった」と。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

書いてて思いましたが、基本的にルフィの考えは一貫してますよね。仲間を守る事と海賊王になる事。非常にシンプルですね!でも、それに向けて脇目もふらずに駆け抜けていく姿がカッコいいですし、元気を貰えますよね。

恐らくルフィみたいなタイプはどんな仕事をしても成功する気がします・・・

本当に、最終的にどうなっていくのかが本当に気になりますね!!!^ ^

 

Sponsored Link
[ad#kou]

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です