夏目三久の木久扇に対する涙は計算?あざとい性格がむき出しだと話題に!

夏目三久

元日テレアナウンサーで、現在はフリーアナの夏目三久さん。

2016年は有吉弘行さんとの熱愛騒動が世間にかなり波紋を呼びましたね!

太眉でいかにも大和撫子といった表現の似合う美しい夏目三久さん。

しかし、どうやら落語家の林家木久扇(きくおう)に対する言動で様々な意見が飛び交っているようです。

今回は

  • 落語家の林家木久扇(きくおう)の一見であざとい性格が露見!? 

という内容でお送りいたします。

Sponsored Link
[ad#kou]

 

落語家の林家木久扇(きくおう)に対して見せた涙のワケとは?

この話のざっくりとした内容はこうだ。

  • 2017年2月5日放送の「真相報道バンキシャ!」での話
  • 番組テーマは「がんについて考える」という内容
  • 題材は「2度のがん闘病から復帰。それをも笑いにしてしまう林家木久扇(きくおう)の闘病生活と家族に密着」
  • ゲストは林家木久扇(はやしや きくおう)
  • 夏目三久ががんになってもプロ意識を忘れない木久扇に涙した

という話だ。

木久扇さんは胃がんと喉頭がんにかかっていました。

ですが、不屈の精神で治し、再び落語を続けています。

今でも数ヶ月に一回は血液検査等を受けられているご様子。

がんを克服するべく加圧トレーニング等もやっているようです。

そして本来は悲劇の話である「がん」を笑いのネタに話を編集しています。

それらをバンキシャではVTRにまとめています。

木久扇さんは最後に

「僕は治ったから伝えたいんです。人は生きていかなくちゃならないんです」

という言葉で締めています。それを聞いた夏目三久さん。

夏目三久,涙,木久扇,あざとい

 

 

 

 

 

 

 

 

左の頬を伝う一筋の涙が美しゅうございます・・・・・

で、何があざといって??

夏目三久が流した涙の何があざといのか!?

まぁ、「がん」という病気を克服するだけでも凄いと思います。

ですが、それを「笑い」にまで変えてしまうのはおいそれと出来ません。

木久扇さんが以下に真の落語家であるかが分かる話ですよね。

これを聞いた多くの癌患者さんはきっと励みになっているはずです。

正直、リアルタイムで聞いていたら僕かて泣く自信がありますね。

(年を取ると涙もろくなるという逸話は本当だと思い知る今日この頃)

ネット上の意見を見てみるとこんな感じが大半です。

  • 泣くようなシーンあったか?
  • 何で泣いてるの意味がわからない
  • 仕事中に泣くなよ

今こそ、こう言ってやりたい。

 

 

 

 

 

血が紫色のナメック星人(ピッコロ)でさえも透明の涙を流すっつぅのに・・・・

泣くシーンあったと思います!(笑)

でも、

夏目ちゃん大丈夫か?

何か精神的に追い詰められてない?

というネット民の声には何か共感できるものがありますね。

散々去年はいじくり回されましたからね。

恐らくは例の有吉弘行さんとの一件。

田辺エージェンシー社長の田辺氏の尽力で大きな騒ぎになってないと言います。

それで色々と辛い目にはあったと思います。

結構精神的にキツい時に良い話聞くとホントに泣けますからね(笑)

恐らくそういう事じゃないかと。

Sponsored Link
[ad#kou]

まとめ

今回は

  • 夏目三久が木久扇に向けた涙があざといと言われている
  • 有吉さんとの例のニュースの一件が関係しているように思われるでも

という感じでしたね。

でも、仕事中に泣くなという意見はそうは思わないですね。

逆にちゃんと泣ける人なんだなという安心感をむしろ覚えますね。

アナウンサーさんは基本的には淡々と仕事をこなす印象ですし。

今後も世間の色々なあれこれ言われるかもしれません。

ですが、負けじと頑張って欲しいですね!!^ ^

 

Sponsored Link
[ad#kou]

  ※よろしければお気軽にシェアして下さいね^^  

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です