金正男がディズニーランド目的で密入国した際の田中真紀子の対応!

金正男

金正恩氏の長男・金正男氏が何者かによって亡き者にされてしまったニュースが話題になっていますね。しかもその方法が「毒針を使ったもの」とか「一人がスプレーをふきかけて、もう一人が口を塞ぐ」など、若干色んな情報が出回っていて混乱している様子です。

そしてこの金正男氏、過去に日本に密入国していたんですね!(汗)その際の当時の外務大臣・田中真紀子さんと、当時衆議院議員の小池百合子さんの対応が全然違うんです。今回はその辺を話題にしたいと思います。

金正男氏がディズニーランド目当てで日本に密入国した時の状況

金正男氏が密入国した時の状況はこんな感じですね。

  • 時期:2001年5月1日
  • 誰と一緒だった?:正妻と思われる中年女性と小学生位の男の子と20代と思わしき若い女性の3人と。
  • その時の日本の首相は?:小泉純一郎
  • 密入国の方法は?:ドミニカ共和国の偽造パスポートを使って『胖熊(Pang Xiong・太った熊)』という名で入国しようとした際に拘束される。
  • 密入国の目的:ディズニーランドに行くため

目的が「マジかよ!!」って感じですが、これは法律で言うと

「出入国管理及び難民認定法」(昭和26年政令第319号)第3条第1項は、「有効な旅券を所持しない者(有効な乗員手帳を所持する乗員を除く。)」は、「本邦に入つてはならない。」

という法律に引っかかるものなんだとか。

しかも、北朝鮮からしたら日本は「仮想敵国視」されている状態です。

北朝鮮側からしたら

「敵国である日本にディズニーランド目当てで行って捕まったやと!?いやいや!ホンマに何しとんねん!!!」

って話ですよね。

(関西弁はなんとなくノリです(笑))

当時は大々的にメディアで報じられ、結構話題になったようです。

金正男氏の密入国を受けて田中真紀子と小池百合子の対応は!

金正男氏は金正恩氏のご長男。そんな北朝鮮の「王子」が密入国してきた!!

なんて行ったら外務大臣の立場からしたら

「な、ななななんやて!?!?」

と驚くのは当然ですよね。w

でも、来ちゃったからには対応せざる負えないわけで。

しかし、当時の外務大臣であった田中真紀子さんと衆議院保守党に属していた小池百合子の対応としては

出典:http://seikeidouga.blog.jp/archives/1059983070.html

自民党の平沢勝栄衆議院議員も、彼女の情報網の広さを実感したことがあるという。
2001年5月、北朝鮮から金正日総書記(当時)の長男・金正男が偽造旅券を使って密入国し、成田で身柄を確保された時のことだ。当時、小池さんは衆議院議員3期目で保守党に在籍していた。

「政府の極秘情報だったのにどこで入手したのか。小池百合子さんがぼくのところに電話してきて“あの男を日本から出しちゃダメだ”と言うんです。それにはぼくも同感で、偽造旅券で入ってきた人間を徹底的に調べるのは当たり前のことですから。
ところが外務大臣だった田中眞紀子さんは“テポドンが飛んできたらどうするのよ”とパニックになり、結局、丁重に送り返してしまいましたが…」(平沢議員)

という事を議員である平沢氏が述べているようです。

確かに、一体どういう経緯で偽造ビザを造ったのかとか、真の目的はなんなのかとか、色々聞く事がありそうですよね。

しかし、結果的には中国に強制送還されたそうです。

まとめ

 

 

両者の対応に結構な違いがありますよね!

僕もまずはじっくりお話を聞いた方が良いのでは・・・という意見に概(おおむ)ね賛同していますが。

ネット上ではやはり小池百合子さんのこの対応に「さすが!!」の声が多いようです!

今現在都知事として奮闘中の小池百合子さんですが、この当時からかなりしっかりされた方だったんですね!

東京オリンピックも大変だとは思いますが、是非ともこれからも頑張って欲しいですね!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です