田中萌の性格は?加藤泰平との不倫理由や過去の熱愛の噂を調査!

テレビ朝日の”グッドモーニング”でアナウンサーを務めている田中萌さんと加藤泰平さんが不倫報道を受けて番組降板の危機に陥っています。毎日の朝を彩っていたお二人が夜のプライベートな時間でも”ご共演”されていたと週刊文春によって暴かれてしまいました。

とりわけ、田中萌さんはまだ若手の新人アナ。早速の汚点を作ってしまった格好になります。

今回は

 

「田中萌さんはどんな性格の人?」

「田中萌さんの過去の熱愛の噂は?」

 

という内容でお送りいたします。

 

 

Sponsored Link

 

田中萌さんはどんな性格の人?

 

名前:田中萌(たなか もえ)

生年月日:1991年6月29日(現在25歳)

出身:山形県山形市

高校:山形東高校

最終学歴:明治大学政治経済学部卒

コンテスト:明治ガールズコレクショングランプリ受賞

職業:テレビ朝日アナウンサー  

勤務局:テレビ朝日

入社年月日:2015年4月1日

配偶者:独身

担当番組:グッド!モーニング

 

お綺麗な方ではあるものの、どちらかと言うと非常にチャーミングな雰囲気を持った田中萌さん。

 

アナウンサーを目指した理由は?

田中萌さんは山形東高校時代はチアリーダー部に所属していました。様々な部活動の応援に行く中で、田中萌さん自体も運動部達の活躍に夢中になりました。田中萌さんはこの自分が受けた感動を同級生のみんなに伝えたい!という思いが強くなり、試合が終わる度に同級生に「こんな事があったんだよ!」と積極的に同級生達に伝えていました。

 

そんな中で、ふと”誰かに何かを伝える”事自体に楽しみを覚える様になったのがきっかけでした。そんな高校生時代の時から放送業界でお仕事がしたいという思いがありました。この時はまだ漠然と放送業界というくくりで考えており、とりわけ”アナウンサー第一志望”というわけではありませんでした。

 

そして大学生になり就職の時期が近づいてきます。田中萌さんはやはり放送業界の意志は固く、想いは変わっていませんでした。そして、アナウンサーという仕事を調べていくうちに、アナウンサーという仕事は

“皆で制作したものを最後に伝えるのがアナウンサー。しかも自分の声で伝えられる”

という事を知ります。これが決め手となり、アナウンサー職を志しました。

 

田中萌さんの性格が分かるエピソード!

田中萌さんは大学時代は学園祭に企画を出すサークルに所属しており、3年生時にはリーダーを務めていました。サークルの仕事の中で一番好きな瞬間は学園祭の前日のあのワクワクした雰囲気が本当に大好きだったそうです。

そんな根っからの裏方気質で皆と何か作り上げる事が大好きな田中萌さん。他にはどんなエピソードがあるのかをご紹介します。

 

これは田中萌さんのテレビへの強い憧れと、好きな事に関してはとことんのめり込む性格が伺えます。

勤務時間は深夜1時〜朝8時頃まで。その後に大学に通うといったスタイルです。2、3に1回アルバイトがあったそうです。当時は全く寝ておりませんでしたが、全く苦に思わず、むしろ充実した日々だったと語っています。凄いですよね!アナウンサー職は本当に激務で生活が不規則な仕事です。

加藤綾子さんも生放送中に倒れた事は話題になりましたが、やはり加藤綾子さんも後に”不規則な仕事時間と過労”を口にしています。ですが田中萌さんは学生時代からそういった体に順応できるようになっていたため、アナウンサー職も苦ではないと言っています。タフですね!!

 

一人が結構好き

田中萌さんは非常にアクティブで活発な方ですが、一方で一人の時間も大切にする方です。野球観戦が大好きで今でも趣味の一つとなっていますが、観戦に行く際もい一人で見に行く事も多く、一人ランチは当然の事、トルコに旅行に言った際も一人旅だったそうです。また、田中萌さんは大の一人カラオケ好きで、むしろ人前では歌いたくないと言っています。ミュージカルが大好きで、使われている曲を歌うのですが、友達と行ってそれを歌ってもしらけてしまう可能性が高いのがイヤだそうです。

 

面倒見のよい姉御肌タイプ!?

同期の池谷麻衣さんは田中萌さんの事を

“姉のような存在”

と言っています。研修が終わった後なども、”まいはさっきこう話してたから、こう直すといいんじゃない?””今日のまい、こんな所が良かった!”等、ちゃんと自分の事を客観的に見てくれて、アドバイスをしてくれるそうです。普段は明るくて元気ですが、仕事となると超真面目モードに。そんなキッパリとしている所が慕われているそうです。

 

Sponsored Link

 

性格のまとめ

 

・とにかく自分の好きな事は突き詰める

・その為なら苦労は苦労と思わない真っ直ぐなタイプ

・一人の時間も大切にする

・面倒見が良い

 

元気だけどサバサバしていて、物事によってキッパリと分ける事が出来る性格ですね。

 

田中萌さんの過去の熱愛の噂は?

全くと言っていいほど、信ぴょう性のある情報はありませ。というか、今回の加藤泰平さんとの不倫報道以外に、過去に何か噂されているような事もありませんでした。田中萌さんは大学時代ミスコンでグランプリも取っていましたし、高校時代はチアリーダー部という事なので、勿論恋愛の一つや二つも恐らくはしているとは思いますが、世間に出回るような情報も無いですね。

 

また、恋愛に関してコメントしたような事もないですね。田中萌さんは性格の章でご説明した通り、とにかく多忙を極めていた方です。大学時代も今のアナウンサー職と変わらない時間の使い方をしておりましたので、考えるに恋愛等している暇も無かったのではないでしょうか。

 

そして、入社後は本当に恋愛どころじゃないと思いますし、高校時代からの夢が叶ったわけですから、入社後は必至になって励んだはずだと思います。また、一人が好きという一面もある事から、そこまで恋愛に固執しなかったのではないでしょうか?

 

 

Sponsored Link

加藤泰平との不倫の理由や騒動の概要!

田中萌さんと加藤泰平さんは元々局内でも噂されていた仲で、番組の打ち上げ後を文春に付けられていたという格好になります。番組後、加藤泰平さんは田中萌さんの自宅マンションに行った所を文春がその様子を撮影したのでした。

その後、文春が直撃取材をしたところ

 

田中アナは直撃取材に対し、「すみません。私からは何もお話しできないんです」。加藤泰平アナは「会社を通してください」と答えた。

 

との返答でした。

局内で元々噂されていた関係との事なので、やはり番組を一緒に制作していく中で徐々に惹かれ合った行き、お互い越えてはならない事は重々承知していながらもそれを止められなかったという話になりますね。

また、局内での噂が文春に渡ったという事は、内部でそういった情報をリークしたものがいると考えるのが自然ですね。

もしかしたら、田中萌さんのサバサバ、キッパリとしていて、真面目な性格のどこかに少しの不満を感じていた誰かがいるのかもしれません。

 

まとめ

高校時代から放送業界に憧れ、ようやく念願のアナウンサー職についた田中萌さん。

 

恐らくこういう方は向上心が高いので仕事を覚えるのも早かったでしょうね。そんな中で、これまで”仕事仕事”で突き進んでいましたが、若干”恋愛”に気を回す心の余裕が出来たのかもしれません。

 

これまでは恐らくは他人につけ入るスキが無いような生活をしていたと思いますので。しかし、今回は相手を少し見誤ったのかなという気がしますね。12月2日の放送でこんなやり取りがありました。

引用元:http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/08/kiji/K20161208013869670.html

(VTRからスタジオに戻り)
 田中アナ「いや~、本当に今年は文春の記事が話題になりましたね」
 吉野真治アナ「そうですよね。そこで取材記者の方に、あらためてですね、今後、いつ文春砲が発動されるのか、聞いたんです。そうすると、気になる内容だったんですね。その時のやり取りを再現してみます。田中アナは質問したディレクター役をお願いします」
 (やり取りが文字表示され)
 田中アナ「(番組ディレクター役)次の文春砲はいつですか?」
 吉野アナ「(週刊文春記者役)まぁ、来週号で1個大きいの、あるんじゃないですか」
 田中アナ「(番組ディレクター役)えっ?内容は?」
 吉野アナ「(週刊文春記者役)ん…現場を震撼させるような…」
 田中アナ「(番組ディレクター役)現場?ちょっとヒントを頂けませんか?」
 吉野アナ「(週刊文春役)ん…何ですかね…」
 田中アナ「(番組ディレクター役)何でしょうか?」
 吉野アナ「(週刊文春記者役)ん…最後に逃げられたくないんで。勘弁して」

 

この時点で次回の内容は田中萌さんも当の自分の事だとは思わなかったのかもしれませんね。しかし、全貌が明らかになった今、個のやり取りを見ると、幾分悪意の様なものも感じてくる気がしますね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です