野良猫とイエネコの寿命はどっちが長い?野良猫に触ると病気感染する?

野良猫の寿命
野良猫の寿命

 

野良でもイエでも、猫ちゃんは文句無くかわいいですよね。

実家で飼っている猫は小学校の頃、公園で拾った捨て猫でした。

今ではなんと20歳になります。(バケモノだ・・・)

そして、ふと

 

“イエネコと野良猫ってどっちが寿命長いんだろう?”

 

と思ったので、ネタにしてみました!

また、

 

”野良猫と病気感染”

 

についても話題にしていきます。

※猫にひっかき傷の跡の対策方法を書いた記事もあります♪

→猫のひっかき傷の跡を残さないで早く治したい!効果的な方法は?

 

 

Sponsored Link
[ad#kou]

 

イエネコVS野良猫。寿命が長いのはどっち!?

猫好きの方のブログなど複数見たところ、どうやら野良猫とイエネコの平均寿命の統計がとられていたいるようです。

その結果をまず先に申し上げますと

 

完全室内外の猫の平均寿命は15歳

外にも出す猫は8〜9歳

野良猫は3〜4歳

 

だそうです。

ですが、多くの野良猫ちゃんは乳児期に天に召されてしまう事が大半なのです。

 

猫ちゃんのボランティアさんによると、野良猫は例え子供が生まれたとしても、その中で1匹育てば良い方との事です。

 

なぜ野良猫は寿命が短い?

イエネコとの圧倒的な違いは”環境の違い”が非常に大きいです。

それは衛生面もそうですし、冬場に生まれた子供は特に息絶えやすいです。

(寒いので)

そして、ちょっとした擦り傷や感染症などにかかっても特に誰かが病院に連れて行ったりするわけはありません。

 

また、都会で生まれてしまった子猫等は衛生面の悪さの他、交通事故に会う猫も沢山います。

 

また、一見外で暮らす方がストレスがなさそうに思えますが、実はそんな事はないようです。

元々猫は縄張り意識も強いですし、警戒心も本当に強いです。

 

人が近づくだけで強いストレスを感じる事は多いですし、猫同士の縄張り争いもかなり神経をすり減らします。

それで場所を確保できればいいですが、負けた場合はまた新しく縄張りを見つける必要も出てきます。

 

その他にも細かな部分は沢山ありますが、とにかく”不安定である”というのは言えるでしょう。

 

中途半端な優しさは寿命を縮める!?

 

時折、気まぐれで野生の野良猫にエサを上げてしまったりする事があるかもしれません。

ですが、それは結果的に猫の自立心を失わせるきっかけにもなるようなのです。

 

そういう行為が続くと、猫も猫で”自然と飯は与えられるもの”という認識になり、自分でエサを取りに行く能力がなくなって行きます。

そして、エサを与えられる事により、その猫ちゃんが元気に子供を沢山産んだりする事もあります。

 

 

ですが、それを良しとしない人もいるわけで・・・

そういう人が保健所を呼んで一斉駆除・・・という事例もあるようです。

 

 

ですので、エサをあげたい気持ちはぐっとこらえて、影で見守って上げましょう!

 

野良猫を触ったりすると病気感染する可能性はある?

野良猫ちゃんもとてもかわいいですが、人によっては

 

“触ったら何か感染しそう(汗)”

 

と感じる人も多いのではないでしょうか?
(僕は平気で触っちゃいます(汗))

 

猫は野良とかイエとか関係なく元々パルツレラ菌などを保有しています。

野良猫もイエネコも元々共通する部分はあります。

 

それでも、やはり野良猫の方が触ったりするには危険が高い事は確かなようです。

 

野良猫の場合はウイルスよりも

 

“野生の環境で得た病原菌や寄生虫”

 

を持った猫が多いので、噛まれたり引っかかれたりしたら後々大変な目に会うことが多いようです。

 

 

特に野良猫はノミやダニなどの寄生虫の保有率がかなり高いようです。

かわいい!といってナデナデしていると、気づかぬ内にノミダニに噛まれるパターンですね。

 

 

また、親猫が元々何かしらのウイルス等に感染している場合もあり、そうするとその子供猫も感染するケースが多いです。

 

 

その猫ちゃんを触った際にひっかかれたり噛みつかれたりしたらちょっと危ないかもしれません。

(代表的な感染病で言えばクラミジア等)

 

猫を触っても触らなくても正直習慣化すべきですが、帰宅時は手洗いうがい等を欠かさない様にしたいところですね。

 

 

 

Sponsored Link
[ad#kou]

 

まとめ

 

結論から言うと”それでも猫はかわいい!”という事なんですが(笑)

 

やはりいくらかわいいと言えど気をつけるべきは気をつけたいところですね!

 

とはいえ、やめられない魅力を持った猫ちゃん。

我が家もこの通り毎日ハッピーな猫ライフを送っています。

 

 

どうでしょうかこの跳躍力(笑)

 

どうか皆様もハッピーな猫ライフを送って頂けたらと思います!^ ^

 

 

 

↓この日記で紹介した記事↓

 

→猫のひっかき傷の跡を残さないで早く治したい!効果的な方法は?

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です