鳥越俊太郎

 

都知事選以降、あまりお姿を見る機会が減ってしまった鳥越俊太郎さん。

全然関係無いんですが、なぜかこの写真を見ると、漫画ワンピースのシルバーズ・レイリーを思い出します。

メガネですかね??(ホントにどうでもいい(笑))

 

 

今はお元気にされているんでしょうか?

なんと、11月11日のバラ色ダンディにご出演されるようです!

鳥越俊太郎さんといえば、色々な事が心配されていたと思いますが、2016年11月現在どうなっているのでしょうか?

今回は

 

「裁判と噂された女性問題ってどうなったんだ?」

「鳥越俊太郎さんのがんや認知症ってホントだったの?」

 

という内容でお送りいたします。

 

 

Sponsored Link

 

鳥越俊太郎さんの裁判沙汰と噂されてた女性問題の現在は?

鳥越俊太郎さんといえば、かなり勢いともいえる感じで都知事選に出馬していた事が話題になっていましたね。

初めての会見の場に置いてものっけから東京都の出生率の数字を間違えたり、東京五輪はどうするか聞かれても「なるべく予算をかけないでやりたい」と若干頼りなさげなところも話題になっていましたね〜。

 

で、特に何が話題になったかというと「女性問題」ですね。

文春がこれまたすっぱぬいてますが、2002年の夏に、当時まだ20歳の女子大生を自分の別荘に招いてチューしようとしたが拒否られてしまったとの事。

その子の大学名などは明らかになっていないが、鳥越俊太郎さんはジャーナリストとして物凄くメジャーな方です。

そして、当然ながら顔の広い方なので、顔見知りの大学教授なんかもいたそうです。

その、知り合いの大学教授のゼミに顔を出したり、そこで知り合った学生連中と自分の別荘に招きパーティをしたりしたそうです。

で、その招いた学生の中の一人がどうやらおメガネにかなったらしく、許されるかと思ったのか、迫った所逃げられた・・・

という内容ですね!

でも何でそんな昔の話を今になって掘り返したのかというと、ず〜〜〜っと我慢してたけど、鳥越俊太郎さんが都知事になったら

 

「毎日その顔を見ないといけない・・・それは耐えられない・・・!!!」

 

との事ですね。

で、文春に協力したという流れで、女性問題が明るみになったという事ですね。

で、これを受けて鳥越俊太郎さんの弁護団が文春を訴える!つまり裁判に持ちかけるような動きをしたそうですが、実際その後も何も起きていない事から、特に裁判は無かったみたいですね。

 

鳥越俊太郎さんのがんや認知症って現在どうなっている?

 

鳥越俊太郎さんが認知症と疑われ始めたのは、都知事選の最初の会見の際に

 

東スポより引用

「私は昭和15年生まれです。終戦のときは20歳でした。空襲も覚えているし、防空壕に逃げ込んだことも覚えている」と語っては、もう“ボケ”を疑われても仕方ない? 終戦は1945年で昭和20年。鳥越氏は5歳のはずである。一方で「昭和21年に小学校入学」と正しい経歴も示したが…。

 

完全に言っている事がパニクっていますね。

そして、テレビ番組で鳥越俊太郎さんが出演された時、手元のフリップボードに字を書いてもらうシーンがあったのですが、それがまた物議を醸しています。

 

 

確かに、字がめちゃくちゃぶれていますね。

どうやら、認知症患者の中には、文字の乱れが凄いケースもあるようです。

 

そして、自身も大腸がんのステージ4だった事を告白しております。

ステージ4といえば、もう最後のステージなわけで・・・・

 

ですが

 

「しかし、大腸がんからは11年、最後の肝臓の手術から7年たっています。
5年生存率は完全にクリアしています。10年生存率にはあと2年くらいありますが、がんになる前より、今は元気なんです。
健康です。今は人生の中で一番健康だと自分では思っています」と問題ないとの考えを示した。

 

とコメントしています。

更にはスポーツジムに行ったり、トレーニングをしたりもしているそうです。

最近はテレビにもちょくちょく出ているようなので元気そうですね。

 

 

Sponsored Link

 

まとめ

今回は

「女性問題」「がんや認知症」

について触れましたが、裁判の話はもう自然と立ち消えた様子ですね。

そして、認知症やがんについても特に凄い異常が目立つわけでもないみたいですね。

色々と注目される鳥越俊太郎さんですが、これからも長生きして頂いて

 

「ステージ4のがんでもここまでやれるんだぞ!」

 

という生き様を見せていってほしいですね!

それはきっと都知事にも出来ない事ですよね〜。