アイガー北壁の悲劇とは!?難易度の高い登山をイモトは成功できるか?

イモトアヤコ

世界の果てまでイッテQでイモトアヤコさんがアルプス山脈の一つで、世界でも最高峰の高さを誇る「アイガー」に挑戦します!

正直、「バラエティでやるレベルじゃないだろ・・・」という意見がネットでは多いです(^^;;

はっきり言って、ここまで世界レベルの山だと素人目にはスケールが大きすぎて何がやばいのかもはや想像がつきません(笑)

という事で、今回は

「アイガー山脈の概要とその難易度」

「アイガー北壁の悲劇というのは!?」

「イモトアヤコはアイガーを登山成功させる事はできるの!?」

という3つの要素にわけて話をしますね。

 

Sponsored Link
[ad#kou]

 

アイガー山脈の概要とその難易度

アイガー山脈

国:スイスのアルプス山脈の一つ

標高:3970m(富士山は3776m、エベレストは8848m)

特徴:アイガーの北壁の高さは1800m。マッターホルン、グランドジョラスと並び、世界でも登頂困難な三大ルートとしてしられる程の超絶絶壁!

日本人の登頂成功者:これまでで約20人の方が登頂成功していますね!1965年に高田光政さんが初成功。その後も数年置きに登頂成功者が現れています!

登るのにかかった時間は?:これまでで、スイス人ウエリ・ビューラーが8時間

とんでもない男がいる!:ちょっと番外編的な感じですが、この「超難関」と言われるアイガーを、わずか2時間47分で登頂したやばい人がいます!(汗)

スイス人のウーリーステック氏という方で、これまでの記録を見ると↓

wikiより引用

2001年 プモリ西壁初登頂

アイガー北壁”The Young Spider”初登頂

2006年 ガッシャーブルムII峰北壁初登頂

2008年 アイガー北壁ソロ 最速登頂記録・2時間47分33秒 グランドジョラス北壁ソロ 最速登頂記録・2時間21分

2009年 マッターホルン北壁ソロ 最速登頂記録・1時間56分

2011年 シシャパンマ南西壁ソロ 10時間30分

2013年 アンナプルナ南壁ソロ

2015年 アイガー北壁ソロ 最速登頂記録更新・2時間22分50秒

 
そんな大記録を持った人もいるようですが、この人はちょっと異例ですね。
 
 

アイガー北壁の悲劇とは!?そもそも、北壁って何で危険なの?

 

ところで、なぜ北壁は危険なのでしょうか?

ふとそう思い調べましたが、北壁の特徴としてはこんなものがあります。

 

・北壁は日陰になるため、雪が解けない。

・壁が凍っている(氷壁)

・日照時間がかなり短いため、とにかく寒い!

・日照時間が短いので暗くなるのが早い、従って、行動時間がかなり制限される

 

と言ったものがあります。

そして、アイガーは先ほども申し上げた通り、世界でも「三大難関ルート」と呼ばれる程に絶壁な北壁を誇っています(1800m)

今申し上げた北壁の危険度。これが1800m級の高さで再現されているわけです!!

 

そしてアイガー北壁の悲劇とは、1957年に起きた4人のアイガー登山隊の遭難事故の事を指しています。

4人の内訳としてはコルティとロンギのイタリア班とギュンターとフランツのドイツ班。

2隊は別々の日に出発し、合流を果たしたがあえなく北壁の途中で遭難。

救助隊が来て、救助用具を出すも、イタリア斑のコルティは助かったが相方のロンギは救助道具に捕まったまま、衰弱死。

そして、ドイツ班の二人は行方が分からずじまい。しかし、4年後に二人は遺体で発見された。

唯一生き残ったコルティを「あいつはドイツ人班を見捨てたんだ!」となぜか戦犯扱いされていましたが、ドイツ班がアイガーの山頂で発見された事から「そもそもイタリア斑とドイツ班はずっと一緒に行動してなかったんだ!という事が分かり、コルティの無実が証明された 。

 

何が悲劇かというと、当然遭難自体も悲劇なんですが、コルティのせいじゃないのに他の人の最後もコルティの最後にされてしまっていた事ですよね。

 

Sponsored Link
[ad#kou]

 

イモトはアイガーを登山成功させる事ができるのか!?

とてつもない危険度を誇るアイガー。

鍵を握るのは「ロッククライミング」のスキル。

一歩滑落すれば・・・・そして、足をかけられる岩肌はほんの数センチ単位。

いや、本当にバラエティのやる事じゃないだろ(笑)

無茶やらすなよ!と同情したくなるのも無理はない事ですよね。

イモトアヤコさんがアイガーを制覇出来る理由としては

 

・マッターホルンやマッキンリーを制覇している

・アイガーはマッターホルンに比べると、まだロッククライミングの難易度は低め

・根性

 

そういった理由が挙げられますね!

マッターホルンに登った!という経験は、かなり影響が大きいと思いますよね!

今回は「マッターホルン」と比べたら、まだ僅かに難易度は低いようです!

まぁ、しかしそれでも何が起こる分からない登山。

真剣に体に気をつけてやってほしいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です