松山善三の子供は?嫁の女優・高峰秀子との馴れ初めも気になる!

松山善三

Sponsored Link
[ad#kou]

 

映画監督の松山善三さんの子供や嫁の女優・高峰秀子さんとの馴れ初めは!?

 

松山善三

 

映画監督の松山善三さんのニュースを拝見させて頂きました。

安らかな最期であったようですね!女優で嫁であった高峰秀子さんもすでに旅立たれているようです。

天国でまた一緒に安らかな時間を過ごしてほしいですね。

ところで、松山善三さんはお子様等はいるのかが気になったので、今回取り上げさせて頂きました。

 

ですが、あいにくながら高峰秀子さんとの間にも、他の誰との間にも子供はいらっしゃらないですね。

高峰秀子さんは当時から「非常に美しい女優」さんであると評判の方でした。

 

高峰秀子

 

もちろん綺麗でとても女性的な顔立ちをされています。

でも、ルックス面だけでなく、非常に優しそうで包容力のありそうな顔立ちをしていますよね^ ^

雰囲気だけで「あ、凄くいい人そう」って思えます。

そして、芸能界では離婚や不倫等、えげつないニュースが多い昨今ではありますが、松山夫妻は最後の最後までちゃんと夫婦を全うした、本当に夫婦として理想的なお二人でした!

これを見ても、凄く良い関係に見えますよね↓

 

松山善三 高峰秀子

 

ですが、非常に残念な事に2010年に肺がんのためお亡くなりになられています。

さぞかし悲しい思いをしたと思います。

お二人の馴れ初めは、キネマ旬報によると、高峰秀子さんが1955年に映画「二十四の瞳」の撮影に臨んでいた際の事、その映画は木下恵介さんが監督をしておりましたが、助監督を務めていたのが松山さんでした。

 

撮影を重ねる中で、松山善三助監督は「大女優」である高峰秀子さんにお熱でした。

 

「大女優」と「助監督」

 

その身分の差は歴然でした。ですが松山善三さんは木下監督に「高峰秀子さんとお付き合いさせて下さい」と懇願。

木下監督は「身分をわきまえろ!」と一喝。意気消沈の松山善三さん。

後に、高峰秀子さんに「大変失礼な事を言ってしまってすみません。言わなかった事にしてくれ」と発言したところ

 

「いいえ、お付き合いさせて頂きます」

 

と高峰秀子さんが一言。

 

まさに奇跡の大逆転ですね!!!!

 

これを元に映画作れそう(笑)

 

松山善三さんの有名な作品といえば?

 

Sponsored Link
[ad#kou]

 

松山善三さんはかなり昔から日本の映画界の屋台骨を支えて来られたお方ですね。

僕の様な若輩者はあまり認識が無い方もおられるかもしれません。

松山善三さんの代表作といえば、デビュー作でもあり

「毎日映画コンクール」と「ブルーリボン賞」を受賞した

 

「名もなく貧しく美しく」

 

というタイトルの映画が最も有名ではないかと思います^ ^

内容的には

 

「若いうちから結婚した耳に障害を持った夫婦の第二次世界大戦の終盤から戦後の生活を描いたヒューマンドラマ」

 

といった内容になります。

映画にはあの「加山雄三」さんもご出演されておりますね^ ^

 

そして後に「父と子 続・名もなく貧しく美しく」が夏木陽介さん主演で放映されています!

この続編には北大路欣也さんも主演しています!

その後も76年、80年にリメイクされて再放送をされています!

 

年代を超えて、脈々と受け継がれている映画なんですね。

かつての日本がリアルに描かれている作品なので、これは一度は見ておきたい映画ですね。

 

ただ、生々しい描写等もあると思いますので、閲覧時はある程度の心構えはあったほうが良いかもしれませんね(笑)

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です