中居正広と木村拓哉の確執の原因は15年前の「ある出来事」から始まっていた?

Sponsored Link
[ad#kou]

 

木村拓哉と中居正広は元々不仲の噂があったが、それは意図的なものだった!?

 

皆さん知っての通り、SMAPの年長組である中居正広と木村拓哉。

やはり一番先輩格である彼らはチームをしっかり引き締めて、まとめあげなければなりません。

勿論トップ二人が仲良くして、協力して和気あいあいとチームを引っ張っていければ正直それが一番良いとは思いますが、SMAPというモンスターグループを牽引するためにはそうもいきません。

 

 

そして、今回世間では色々と言われのない事を言われていますが全員それぞれきっと、考え方は違えど「SMAP」について真剣に考え、愛着を持って行動してきたと思います。

そして、それは当然トップのお二人もそうだったと思われます。

そんな二人の距離感は紅白の場でも見られていたそうですね。

紅白の会見でのキムタクと中居の態度が真逆?やっぱり不仲なの?

(↑クリックすると日記に飛びます))

 

そんなスタンスの違いをハッキリと表した二人のエピソードがあります。

 

 

とあるインタビューで、中居正広が木村拓哉との関係を以下の様に話しています。

 

●「俺(中居)と木村はSMAPの中でも1番年上で、SMAPを引っ張っていかなきゃいけない立場だったので、SMAPの為にも俺と木村は近すぎず遠すぎず、いつも対極の存在で居てそれぞれの立場からSMAPを見ていこうと昔話し合ったんです」

 

二人を見ていると本当にしっくりくる説明だと思いますね。

 

 

近すぎず、遠すぎずって中々そんな絶妙な距離感をず〜〜〜っと保っていくのって難しいですよね(汗)

でも結局は徐々に徐々に離れていって、いつの間にか遠すぎてしまったのかもしれませんね。

「距離感」って本当に難しい。

 

 

うちで飼っている猫(2匹)の様に、甘えたい時やお腹空いた時は寄ってくるけど、リラックスしたい時は僕が絡んでくるのを露骨にウザがります(笑)

彼らが一番距離感保つの上手いわ。スタンスがハッキリしてるもの・・・(笑)
 
 
 
 
 
 

中居正広を始めとする他の4人のメンバーと木村拓哉との確執の原因は15年前の出来事が原因!?

 

Sponsored Link
[ad#kou]

 

今回の騒動では当然事務所側も阻止すべく、ジャニー喜多川さんを筆頭にSMAP存続に向けて多大な努力をしてきた事はすでに報道の通りですね。

 

ジャニーさん以下の部長クラスの人間等も多数SMAPの各個人と面談を重ねていた訳ですが、その際香取慎吾さんは面談者に向かって

 

「そもそもSMAPは15年前からすでに歯車が狂い始めていたんだ。その事をまず理解してもらいたい!」

 

といった趣旨の事を話したそうです。

さらっと言いますと15年前はキムタクと工藤静香さんが結婚したイベントがありましたが、まさにそれが原因といったところですね。

 

例のSMAP元マネージャーの飯島三智さんの猛反対を押しのけての結婚。

それを機に未婚で仕事一筋の4人とは違い、「家庭」の時間も作る必要が出てきた木村拓哉さん。

最初はみんな理解を示していたとは思いますが、やはり若干足並みが揃わなくなっていくのも事実。

その小さな歪みが15年以上も続いたら、まぁ確執の一つや二つ起こったとしてもなんら無理からぬ話ですね。

 

「その位はちゃんと理解してやれよ」

 

とは思ってしまいますが、でも実際に自分が当事者のグループのだったら、分かってはいてもちょっとムズムズした気持ちを抱く事はありそうな気はしますね。

 

まぁ、本当の事は当の本人達以外は分からないと思います。

まぁ、ほとぼとりが冷めたら真相が語られるかもしれませんね。

 

とにかく!!スマスマが終わるのは正直ちょっと寂しい。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です