小保方晴子のSTAP現象は存在した?今後の活動はどうなる?

ずーーっと長きに渡ってメチャメチャに言われ続けてきた小保方晴子さんのSTAP現象の研究が、どうやら本当に存在していた事が明らかになっているようです!

 

引用元:http://biz-journal.jp/2016/03/post_14306.html
小保方晴子
氏が発見した「STAP現象」が、アメリカの研究者グループによって報告されていた。2015年11月27日に英国科学雑誌「ネイチャー」姉妹版のオープンアクセスジャーナル「ネイチャー・サイエンティフック・リポーツ」に掲載された。

 

この記事では、

 

・小保方晴子さんのSTAP細胞の実験は結局認められたのか?

 

という所で書いていきたいと思います。

Sponsored Link
[ad#kou]

 

 

 

 

小保方晴子のSTAP細胞は存在したのか!?

結論を先に言うと、小保方晴子さんが言い続けてきたSTAP細胞の作り方は、アメリカの研究グループが見事証明してくれたそうで、小保方晴子さんの手法は正しかった事が実験で証明されたようです。

 

ていうか、STAP現象(STAP細胞)が未だによく分からない(笑)

実はまだこの段階の方もいるのではないでしょうか?
(はい、私がまさにそうです(笑))

 

※以下、STAP細胞の説明をしますが、極限
本当にザッッッックリと言うと、STAP細胞もとい、「万能細胞」は、何にでも変身できる細胞なんだそうです!!!!

 

引用元:http://biz-journal.jp/2016/03/post_14306.html
同論文では、マウスの骨格筋肉の細胞が怪我の外的刺激によって初期化の変化が見られ、それを単離して培養したところ、細胞が多能性を示し、幹細胞状態(ES細胞様)になった成果を報告している。iMuSCsでのキメラマウス実験では、皮膚、筋肉、心臓、肺、腎臓、脾臓、および脳などの組織をつくったことが証明された。しかし、生殖機能の臓器をつくる能力はまだ証明できておらず、今後の研究の発展が期待される。

 

何となくイメージついたでしょうか?

 

トカゲが尻尾を切られても、また再生する様に、ドラゴ◯ボールのナ◯ック星人が、腕などを切断されてもまた再生する様に!

 

STAP細胞、もとい万能細胞は様々な部位になる事が出来る凄いヤツなんです!
これが成功すれば、医療業界にとんでもない影響を与える事が出来ますね。

 

Sponsored Link
[ad#kou]

 

そして、そのSTAP細胞は元々みんなの体の中にあるらしく

 

「それを外からの刺激を与える事によって体内にSTAP細胞を生み出す」

 

という手法を主張してきたのが、小保方晴子さん率いるチームです。

 

ですが、その後は皆さんのご存知の通り

引用元:http://biz-journal.jp/2016/03/post_14306.html
小保方
氏は理研から研究不正の認定を受けた。それは実験部分ではなく、論文構成上のミスである。データの切り貼りなどは論文に付記されるデータ画像を見やすくするためのもので、実験結果のねつ造ではなかった。画像の不正引用とされるものは本人の学位論文からの引用で、他人のデータを論文に持ち込んだのではない。早大の学位論文は「コピペ、盗用を多用」と報道されたが、それは誤って提出した論文の下書き、草稿のことであり、本稿への評価ではなかった。早大は草稿の評価を「調査報告書」で公開したのだ。

という事で、一気に「ヒール役」になってしまいましたね。

 

しかし、小保方晴子さんが言い続けてきた実験が、無事に主張通り成功する事が出来たと、今日本でもニュースになっています。

 

どうするマスコミ、どうする理研!!!?って感じですよね(汗)

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください