三浦春馬の演技が「わざとらしい」と辛口評価が多い理由は!?

三浦春馬

現在、TBSドラマ「わたしを離さないで」では、綾瀬はるからとともに、臓器提供のために育てられたクローン人間という難しい役柄にチャレンジしている三浦春馬。難しいテーマなだけに、視聴率的には苦戦していますが、ドラマファンなどからは「じっくり観られる好ドラマ」と評価も上々のようです。

 

 

そんな三浦春馬ですが、残念なことに、演技が下手な俳優の代表格のように言われることも少なくありません。いったい、彼の何がそんな酷評につながってしまうのでしょうか?調べてみました。

Sponsored Link
[ad#kou]

 

 

 

 

酷評の嵐だった「進撃の巨人」

 

三浦春馬=演技下手が定着してしまったのは、やはり映画「進撃の巨人」でしょう。主人公のエレンを演じたのが三浦春馬なのですが、日本のみならず海外のファンからも演技を酷評されていると話題になるほどに。

 

 

何故、ここまで「進撃の巨人」での演技が悪かったのでしょうか?まずは、ズバリ人気漫画の実写版と言うこと。

 

どうしても人気があればあるほど、ファンにとっては自分の頭の中で膨らんでいるイメージがあるため、漫画ではない実写になると撮影技術で限界もあり、特に「進撃の巨人」のような特撮ものだと余計に制限があります。

 

なので、ファンが思い描いているエレン像になれなかった、つまり三浦春馬がどうこうということではなく、誰がやってもある程度辛口評価になるのは当然だったのではないでしょうか。

 

最近だと、小栗旬が演じた映画「ルパン三世」や、関ジャニ∞・丸山隆平が演じたドラマ「地獄先生ぬ~べ~」なども同じように批判が多く寄せられていましたからね。そりゃ漫画やアニメのようにはいかないですよね。

 

 

第2の理由としては、端正すぎる顔立ちが挙げられます。あまりにも綺麗な顔立ちをしているので、映画「進撃の巨人」のエレンにせよ、ドラマ「わたしをはなさないで」の友彦にせよ、感情がスクリーンから、テレビ画面から伝わりにくいのではないでしょうか。

 

簡単に言ってしまうと気持ちが伝わってこなく、感情移入ができないのだと思います。気持ちが伝わらないから、「わざとらしい」なんていう辛口評価につながっているというわけです。

Sponsored Link
[ad#kou]

 

しかし、そんな批判の嵐だった「進撃の巨人」でも高評価だったのが、変わり者であるハンジを演じた石原さとみ。

 

役作りのため、撮影中も石原さとみは、他のキャストと会話をすることなく、待ち時間はアニメ版のハンジの声をずっと聞いているなど勉強しまくったとか。

 

当然、三浦春馬も努力していないとは思いませんが、この辛口評価をバネにより一層頑張って、演技派と言われるまでの俳優さんになって欲しいですね。

三浦春馬は本当に演技下手なの?

 

果たして本当に三浦春馬は演技下手なのでしょうか?ただイケメンで、事務所のごり押しで主役になった俳優ではないのです。

 

事務所の先輩である寺脇康文と岸谷五郎が主宰する「地球ゴージャス」の舞台でも度々下積みを積んでいますし、古田新太が主宰する劇団☆新感線にも出演するなど舞台経験も豊富。誰とは言いませんが、他の主演俳優などよりよほど努力している感じもします。

 

あとは、やはり当たり役に当たるかどうかではないでしょうか?やはりイメージと違う役柄や作品自体の評価が高くないものでは、演技の評価も上がりませんからね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください