340/364

成宮寛貴 フライデーの続報の内容を読んだ感想!【12月9日】

公開日: 2016年12月10日
最終更新日: 2016年12月17日


成宮寛貴

 

未だ世間を揺るがせている成宮寛貴の疑惑。

12月9日にフライデーの第2弾が発刊されました。

第1弾でも十分すぎる程に衝撃だったのですが、今回は一体どんな内容なのか・・・ 

今回は

 

 成宮寛貴 フライデーの続報の内容を読んだ感想!【12月9日】

 

という内容でお送りいたします。

なお、裏切ったとされる友達には女性もいたのだとか・・・

→成宮寛貴を裏切った友達は女性?嫉妬絡みが原因の罠か!?

 

Sponsored Link

 

例の友人が成宮寛貴をフライデーにリークした理由は?

単刀直入に言うと

 

“パシリに使われる事に納得がいっていなかったから”

 

第1弾で2016年11月9日に六本木のレストランの個室でその友人と食事をしている最中に、成宮寛貴さんが”あってもいいんじゃない?”と言い出し、外に居る外国人の売り子から例のモノを入手し、その後レストランの個室内で千円札等を使い、手慣れた手つきで使用していたとの指摘から始まりました。

 

成宮寛貴さんは事あるごとにその友人に”チャーリーが欲しい”と言い、要求しては買わせて持ってこさせたようです。

尚、チャーリーは◯カインの略語。◯カインの頭文字の「C」から取ったものだそうです。

 

友人とのやり取りは主に電話かフェイスブック!?

成宮寛貴さんはフェイスブックの公式アカウントを持っていますが、それとは別に友人用のアカウントを作っており、そのメッセージでやり取りをしていたようです。

または電話で直接やり取り。

 

成宮寛貴さんはやはり芸能人なので、自分で買いに行った事は無かったそうです。

友人は成宮寛貴さんのおつかい役に心底ストレスを感じていたようですし、この危ない橋を渡る事自体もいいようのない恐怖を感じていたんだとか。

 

確かに、自分がこの”友人”としての役割であったら、その日々に終止符を打ちたいというのは当然の事ですね。

 

 

Sponsored Link

 

控訴はフライデーにとって想定の範囲内!

AdemaTVで放送している”テレビじゃ言えない芸能ニュース”の12月2日の放送。

放送した日は金曜日。番組内では金曜日は”フライデーの日”としており、雑誌フライデーの人と直接話をして、あんな事やこんな事を聞く日です。

パーソナリティの麻生久美子さんは編集次長の小柳津さんと電話をつなぎます。

すると編集次長の小柳津さん。

麻生久美子さんが小柳津さんに

パーソナリティ「ワイドショー等で色々放送されてますが、どうですか??」

小「まぁ向こうの人達は反論せざるおえないので、こっちは文章で対応しますよ」

麻「今後もこの話題続くんですか??」

小「えぇまぁ。まだまだこっちには材料が沢山ありますので。」

 

・・・・・材料が沢山ある・・・・・

ちょっと耳を疑いたくなる言葉ですね・・・

 

成宮寛貴の事務所の対応に疑惑!?

12月2日に成宮寛貴さんの所属事務所は

 

”事実無根”

 

と言い、民事刑事問わずにあらゆる法的措置を取ると明言しました。

しかし、そういってから5日経ちましたが何も起こっていないとフライデーは第2弾で仰っています。

確かに、色々と確認しないといけない事が多いのかもしれませんね。

フライデー側も改めて

フ「で、成宮寛貴さんはあの写真の時は何をしていたのか?」

という質問を改めて事務所に投げかけました。

ですが、締め切り間近まで返答はなし。

しかし、フライデー第2弾の締め切り間近に電話を掛けてきて、こんなやりとりを

 

事務所「とにかくうちはおたく(フライデー)の取材には何も答えない!」

フ「じゃあ公式なコメントは無しという事で?」

事務所「いや、だから公式コメントはおたくの今後の雑誌内容を見てから・・・」

フ「その内容によって対応が変わったりするのですか?」

事務所「そうなりますね」

 

という内容でした。

何とも言えない事務所側の返し。この様子だと疑いが晴れづらくなりますね。

 

まとめ

AdemaTVの”テレビじゃ言えない芸能ニュース”で小柳津編集次長が放った衝撃の一言。

 

“まだ材料は沢山ある”

 

一体何が飛び出してくるのか・・・・

思えば2016年は本当に恐ろしいニュースが多い気がしますね。

来年は少しでもそういうニュースが減ることを祈るばかりです。

 

 

↓この日記で紹介した記事↓  

→成宮寛貴を裏切った友達は女性?嫉妬絡みが原因の罠か!?

 

 

Sponsored Link








コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ