66/365

甘利明の秘書の名前が発覚!週刊文春第2弾読んだ結果驚きの内容!

公開日: 2016年02月01日


現在まさに政治とカネの問題で遂に辞任に至った甘利明さん。噂の秘書の名前は鈴木陵充(すずき りょうすけ)という方みたいですね!週刊文春の第2弾を読んだ結果、驚きの内容の連続でした!

 

この記事では週刊文春の第2弾で発覚した内容の中の、以下の部分について触れていきます!

 

・今回の事件のおさらい
・甘利明の秘書・鈴木陵充の役割

 

という部分で書いていきたいと思います!

Sponsored Link

 

甘利明の収賄事件のおさらい!

というワケで、まずはおさらいを。

何故今この甘利明さんがこんなにも話題を呼んでいるかというと、本当に簡単に説明すると以下の通りになります!

 

甘利家と昔から縁のある建設会社S社(千葉県白井市)が、道路建設の補償費を独立行政法人都市再生機構(通称UR)からもらう為に、甘利明サイドにお金を渡して、甘利大臣サイドからURに補償費を建設会社S社に渡す様に口利きを依頼した。

 

という事が今回の事件の概要ですね!

 

分かりやすいですかね?(笑)

この話の登場人物の紹介!()内は年齢です。

「甘利明(66)」(渦中の大臣)
「一色武(62)」(建設会社S社の総務担当社)
一色武氏は、甘利明大臣の父親(衆議院議員)とも仲が良く、お世話になっている。つまり甘利家とは昔からの付き合い。

 

「清島健一(39)」神奈川県大和市にある甘利事務所の所長
「鈴木陵充(年齢分からず)」甘利事務所の政策秘書
年齢から分かる通り、甘利家との関係は一色武さんよりも浅い。
今回の事件の大きなカギを握る二人。というか騒動の中心は実質彼ら。

という様な関係なのですが、今回週刊文春で明らかになった秘書・鈴木氏のや割について触れていきたいと思います。

Sponsored Link

週刊文春第2弾で明らかになった、秘書・鈴木の役割

秘書の鈴木の主な役割は

 

URの総務部長と、総務部の国会担当職員との交渉役としての役目を果たしていたようです!

 

つまり、

 

一色武氏が清島所長にURが補償費を何とかウチに出してくれるようにお願いして下さい!

 

とお願いし、
清島所長が「分かった!」交渉は政策秘書の鈴木に行かせる!

 

という流れですよね。
そして、鈴木氏のURへの交渉ですが、URの担当者に

「あんた達、俺らの顔立てるって言ったよな?分かってんの?」

 

という感じのオラオラ交渉だったようです。
しかし、こんな威圧的な交渉はまさしくや◯ざそのものじゃないでしょうか?

そして、交渉が終わって一色武さんに連絡をし、また連絡があったら教えて下さいという感じだったようです。

 

その後、所長の清島氏自身もURとの交渉にも参加していたようです。
まぁ、鈴木氏は言ってしまえば二人の操り人形の様な役割のようですね。

そして、一色武さんは実質的な交渉を進めてくれるこの二人に対して多額の援助をしていたようなのです。

URとの交渉の作戦の打ち合わせで、沢山飲食店や夜のお店にもかなりの回数で足を運び、その度にいくばくかの援助を支払ってきたようなので、実際甘利明大臣よりもこの二人の方が沢山援助を受けている事は間違いなさそうですね。

 

まぁ、トップである甘利大臣が援助受け取ってしまうくらいですから、そりゃ子分達も当然あやかりますよね・・・

 

正直、彼らこそが真のゲスの極みな気がしますね・・・・

 

Sponsored Link








コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ